ニキビと内臓トラブルとの関係

ニキビ跡消す > ニキビの原因となる内臓のトラブル

ニキビの原因となる内臓のトラブル

ニキビには様々な原因が関係している事が多いですが、特に大人のニキビの場合は内臓に異常が起きているケースが多くあります。 内臓のトラブルはニキビだけでなく、体や肌など、様々な所に出てきます。

特に内臓に負担をかけやすいのが、ストレス、食事、お酒などです。 ストレスは溜めてしまうと活性酸素が多く発生します。 活性酸素は体内で様々な異常をきたす物質で、内臓の機能も悪化してしまいます。 そうすると、体内に老廃物や毒素が溜まっていきます。

するとその影響は肌に出てきます。 ニキビとして出る事も多いですが、症状も重いものになる事もあります。 そのため、ストレスはまずは溜めないようにする事が大切です。 周りの方に相談したり、自分なりのストレス解消法を持ってできるだけ早く取り除くようにしましょう。

また次に食事ですが、食事も最近は仕事などで忙しい方も多く、そういった方は食事も不規則で栄養のバランスも偏りがちです。 これも徐々に負担は内臓にかかってしまっています。

特に脂分の多いものや消化の良くないものを多く食べていると、内臓に余分な栄養素や不要な物が溜まっていってしまいます。 そうすると内臓の機能が悪くなり、これも肌に影響が出てきます。 防ぐためにはできるだけ健康的な食事を心掛ける事がとても大切です。

毎日3食の食事のペースはきちんと守り、肉類が多い方は少し控えめにして野菜を多く摂るようにしましょう。 脂分は皮脂を分泌させやすくなるため、それもニキビができやすくなる原因です。

また、お酒も内臓に負担をかけやすいです。 お酒に含まれているアルコールは、内臓でアセトアルデヒドという物質に変化し、分解しにくい物質です。 これが内臓に負担を掛けているため、ニキビができやすくなります。

お酒を飲む事が多かったり付き合いで飲みに行く事が多い時には、できるだけ飲む量を調整し、内臓に負担がかかりにくいような飲み方をしたり、おつまみなどでアルコールの吸収を抑えるようなメニューで防止していきましょう。