ニキビ肌の洗顔法

ニキビ跡消す > ニキビ肌のための洗顔法

ニキビ肌のための洗顔法

ニキビは肌のトラブルによって起こりますが、その際のケアとしてまずできるのは、肌を清潔に保つ事です。 ニキビができる肌は皮脂が多くなっていたり、毛穴に汚れが詰まっていたりとニキビができやすい環境になっている事が多いです。 それを改善するために洗顔をきちんと行う事は、シンプルですがとても有効です。

まず、使用する洗顔料や石鹸についてです。 最近はこだわりの天然成分を使った石鹸が増えているので、お勧めです。 こういった石鹸を選ぶ際に重要なのは添加物などがあまり入っていないものを選ぶ事です。

添加物が肌に残る事で肌に良いと思って使ったのに思わぬトラブルを招いてしまったというケースもあります。 良く成分を確認して選ぶようにしましょう。 また、これらの石鹸や洗顔料の中には、弱酸性を謳っているものがありますが、これはPHという値が、肌に近いので、肌に負担を掛けにいためお勧めです。

石鹸や洗顔料が決まったら、次は洗顔です。 まずは下洗いというものをします。 暑いお湯は皮脂を余計に落としてしまうため避けましょう。 冬の寒い時期でもぬるま湯までの温度に留めて、まずは石鹸などをつけずに洗います。

あまりこすりすぎると指の腹の摩擦で肌にダメージが加わってしまうため、優しく撫でるように、洗いましょう。 このした洗いの段階では、まずは指もあまり肌に触れずに水を掛けて落ちやすい汚れなどを落とすという事が目的となります。

次に洗顔です。 石鹸を泡立てて、顔に付けますが、良く泡立ててその泡で洗うようにしましょう。 ふんわりとした泡が顔を覆ってくれて、リラックス効果もあります。 ここでもなるべく指で洗わずに、泡で洗うイメージを持って、優しく洗っていきましょう。

最後に洗い流しますが、この時も、成分が顔に残ったままだと、トラブルの元になるので、端まで入念に落としましょう。 洗顔後には保湿ケアをすれば、ニキビのケアはまずは大丈夫です。