葉酸サプリメントはどう選べばいい?

葉酸をサプリメントで取り入れようと思ったものの、あまりにも種類がありすぎてどれを選べばいいのか悩んでいるという方もいるでしょう。

価格帯や品質は商品によって大きく違うので、できるだけ質が良いものを選ぶことが大切です。 また、価格が高ければ高いほど良いというものでもありません。 そこで、知っておきたい葉酸サプリの選び方についてご紹介します。

葉酸は食材にも含まれている成分であるため、サプリではなく葉酸が含まれる食材を使った料理で補った方が良いのではないかと考える方もいるかもしれません。

ですが、女性にとって葉酸が特に必要とされているのは妊娠初期の段階です。 この時期はつわりに悩まされている方も多く、まともに食事が取れないことも珍しくありません。

その中で葉酸が含まれる食材を大量に食べるというのはとても大変なことですよね。 つわりがおさまっているときにたくさん食べるということも可能ではありますが、葉酸という栄養素は一度にたくさん摂取したからといって体内に留めておくことができません。

一日の中で少しずつ取り入れていくことが大切なのですが、そこで役立つのが葉酸サプリなのです。

葉酸サプリを選ぶ際には添加物が使われていないものを選択しましょう。 すべての添加物がだめというわけではありませんが、人工甘味料や着色料、香料といったものは妊娠期間中はできるだけ避けた方が良いため、そういったものが使われていないものを選択した方が良いですね。

また、あまりにも「天然素材だから安心」という点だけをアピールしているサプリメントは注意した方が良いです。

それから、葉酸だけでなく婚活中や妊娠中に摂取したいその他の栄養素が含まれているものを選ぶのも良いですね。 例えば、ビタミンB12には葉酸と一緒に摂取することで効率よく働いてくれるという特徴があります。

それから、葉酸の働きを高めるためにはビタミンCを一緒に摂取するのもおすすめです。 葉酸サプリを取り入れた上でその他のビタミン系のサプリも飲むというと大変なので、一緒に配合されているもの選ぶのも良いでしょう。
山梨県立中央病院

食事での葉酸摂取量について

葉酸サプリは妊活中、または妊娠中の女性にとって重要な栄養素です。 ですが、葉酸サプリを取り入れたことで体の不調を感じてしまう方もいるようです。

その場合は、先に過剰摂取ではないかを疑ってみましょう。 1日の摂取上限量は1000μgです。

仮にほんの1日のみ上限摂取量を少し超えて飲んでしまったとしても大きな副作用はないことの方が多いのですが、連続して飲んでしまった場合には副作用が起きてしまうこともあります。

天然素材で作られたサプリよりも合成サプリの方が吸収率が高いため、合成サプリを取り入れている方は特に注意が必要です。 また、先に天然素材のサプリを飲んでいたものの途中で合成素材に変えたという場合、誤って前のサプリの説明書に記載されていた分量を飲んでいないか確認した方が良いですね。

過剰摂取を避けるためにも商品説明をよく読み、正しい用量を取り入れましょう。

ですが、中には葉酸サプリの摂取量を守っているものの副作用が現れてしまう方もいます。 その原因として挙げられるのが、食事から摂取している葉酸の量が多いということ。

そのため、サプリからもたくさんの葉酸を摂取したことが原因で過剰摂取に繋がってしまい、副作用を起こしてしまうこともあります。

葉酸が多く含まれる食材といえば、緑茶や納豆、チーズ、ブロッコリー、ポテトチップス、卵黄などです。 こういった食材を毎日大量に食べているという方は、葉酸の過剰摂取に繋がっている可能性があるため、注意しましょう。

では、食事から十分な量の葉酸が取れていれば葉酸サプリを取り入れる必要はないのでしょうか。 できるだけサプリは取り入れたくないということで食事での葉酸摂取量アップを目指している方もいるかもしれません。 ですが、サプリからも葉酸を取り入れた方が良いのです。

その理由として挙げられるのが、サプリで取り入れた方が吸収率が良いということ。 本当に食事だけで十分な量の葉酸が取り入れられているのであれば問題はありませんが、実際には足りなくなってしまうケースが非常に多いため、食事とサプリの両方で葉酸を摂りいれましょう。

葉酸の美容効果

葉酸は妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい働きがたくさんあります。 その中には、美容に関する働きもあるため、肌荒れなどに悩んでいる方も葉酸がしっかり摂取できているかチェックしてみましょう。

そのため、妊活をしていなかったり、妊娠をしていない女性にとっても魅力的な栄養素だと言えます。 美肌を作るためにはビタミンの摂取が欠かせませんが、葉酸はビタミンB群の一種です。 このことからも肌の健康に役立ってくれるというのは頷けますね。

例えば、肌の悩みとしてハリがなくなってしまうことが挙げられますが、これを葉酸で解消できる可能性があります。 葉酸には細胞分裂を活発化させる働きがあるのですが、これが新陳代謝を活性化させるのにも役立ってくれるため、肌の新陳者機能も活性化させることができるのです。

また、肌のくすみに悩んでいるという方もいるでしょう。 肌の新陳代謝機能が良くなるということは、血行が良くなるということ。

血行が良くなると肌の色も明るくなるため、肌の色が暗い、くすんでいると悩んでいる方も葉酸の摂取がおすすめです。

それと、ストレスが溜まると肌荒れが起きるという方も多いですよね。 仕事で残業が続いて寝不足になってしまったり、嫌なことがあってストレスが溜まると吹き出物が出来てしまうという方は珍しくありません。

これはストレスが自律神経を乱すことが関係しているのですが、葉酸にはストレスを軽減させる効果があります。 そのため、葉酸を取り入れることで吹き出物を防ぐこともできるのです。

葉酸は食事から摂取することも不可能ではありませんが、熱に弱いという性質を持っています。 そのため、食事だけでたくさんの葉酸を摂取しようと考えるのではなく、サプリメントを活用して取り入れると良いですね。

また、女性の中には貧血に悩まされている方もいますが、こちらの改善にも葉酸が効果的です。 このように女性にとって嬉しい働きがたくさんあるので、妊婦さんや妊活中の女性だけでなく、多くの女性におすすめの栄養素だと言えます。

授乳期間中の葉酸摂取

葉酸といえば、妊娠前、そして妊娠中は特に意識して摂取したほうが良いとされる栄養素です。 ですが、いつまで飲めばいいのか疑問に思っている方もいるでしょう。

確かに妊娠初期に必要な栄養素ではありますが、産後も必要です。

その理由はいくつかあるのですが、まず、妊娠中や産後に葉酸が不足してしまうとホルモンバランスが乱れやすくなるということ。 これが原因で産後の抜け毛なども増えてしまうため、妊娠中だけでなく産後も葉酸を取り入れましょう。

産後に葉酸が必要になる大きな理由は、母乳に関することです。 葉酸が不足してしまうと血行が悪くなってしまうのですが、血行は母乳を作るために大切な役割を持っています。

葉酸が不足して健康な母乳が作れない状態になってしまうと、質の悪い母乳を赤ちゃんに与えることになってしまいますよね。 母乳というのは、赤ちゃんにとって成長をサポートする大切なエネルギー源です。

当然ながら、その質が悪くなってしまうということは赤ちゃんの成長にも悪い影響を与えてしまうということ。 それに、母乳を作る過程で葉酸が使われるため、産後は葉酸が不足しやすい状態にもなっています。

健康な赤ちゃんが生まれてくるとほっとして葉酸サプリを飲み忘れることが増えてしまう人もいるようですが、産後も必要な栄養素であるということを十分に理解し、摂り忘れないようにしたいですね。

ただ、産後は妊娠中に比べて摂取目安量が少し少なくなります。 厚生労働省の発表では1日に340μgが摂取目安量となっており、このうちサプリからは1日100μgを摂取するのが理想的だと言われているので、これを目安にすると良いですね。

たくさん取り入れれば取り入れるほど良い効果が期待できるというわけではなく、過剰摂取にならないように注意しなければなりません。

1日1000μg以上摂取する日が続いてしまうと副作用が起きてしまう可能性があるため、この点は注意する必要があります。 食材に含まれる葉酸量などもチェックしてみてはどうでしょうか。

ページの先頭へ